LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

根拠なき自信が重要になり、実績による自信だけでは足かせになる時代

根拠なき自信はダサかった

アラフォーの私がまだ子どもの頃。

私の周りだけかもしれないが、根拠なき自信はダサかった。実績ないくせに自信満々なやつは煙たい存在だった。逆に言えば、実績があるやつは崇めたてた。

それは今でもまだ変わってないかもしれない。

エビデンス主義の昨今では、ますます根拠や実績が求められるのだろう。

根拠や実績があるのなら、十二分に活用すればいい(この場合重要なのは、それらをどう分析し、どう活用するかだけれども)。否定する必要はない。

籠城しか戦略がない

続きを読む

ナイキのスニーカーKAISHIを買った。驚くほど歩きやすい。

久々にナイキのスニーカーを買った。

ただ安かったというだけなのだが、期待以上の履き心地だ。

買ったのはこれの黒。

いいです。

最近のスポーツ系のスニーカーってこんなにいいのかと思った。

続きを読む

朝ドラ「わろてんか」最終回前の感想(なぜ後半に面白くなったのか?)

まず謝ろう

2017年後半の朝ドラ「わろてんか」があと1、2週で終わります。 終わる前に感想を書いておこうと思う。

なぜなら、「わろてんか」が始まった当初、「つまらない」と評したからだ。

それについては下の投稿を読んでほしい。

elledie.hatenablog.com

投稿内容を変えるつもりはない。しかし、最後まで見続けてきて、「つまらない」という評価は変えようと思う。

始まった当初からは圧倒的に面白くなった、というのが今の感想です。

後半からかなり面白くなってきた

続きを読む

「ひっこみ思案のあなたが生まれ変わる科学的方法」を読んだ感想―コンフォートゾーンから出るには?

ひっこみ思案とは違うような

タイトルは「ひっこみ思案のあなたが生まれ変わる科学的方法」。

アンディ・モリンスキーという方の著作。

洋書からの翻訳である。

続きを読む

ジョン・ウー監督福山雅治主演「マンハント」感想

日本だらけだけど、やっぱり変

主演は日本人福山雅治

舞台は日本の大阪あたり。

高倉健主演でヒットした日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」(原作は西村寿行著の同名小説)のリメイク。

それをあのジョン・ウーが監督するというから、期待と怖いもの見たさ半分で観に行った。

続きを読む

SWファンではない私の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の感想

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観たので、感想を書いておきます。タイトルにもあるように、スター・ウォーズに大して思い入れのない人間の感想です。

総体的に言えば、なかなか面白かったと言えます。

今までのシリーズを知らないとさすがに話はわからないでしょう。前作の『フォースの覚醒』は復習しておいたほうがいいでしょう。幸い、公開直前にテレビでフォースの覚醒をやったので、私はそれで復習できました。

多様性への試み

フォースの覚醒では、最近の倫理的傾向をくみ、主人公が女性となり話題となりましたが、本作ではその傾向がより強まっています。

続きを読む

とにかく軽い折り畳み傘 老舗の「日本橋の傘 小宮商店」

カーボン骨の軽量折り畳み傘

長年使っていた折り畳み傘が壊れたので、新しいのを買うことにした。

買う条件は、とにかく軽いこと。

無精なので、カバンに入れっぱなしになってしまうため、軽量なものを探した。

買ったのがこれ。

続きを読む

タイガー魔法瓶 軽くて携帯に便利な水筒

軽さが売りのサハラマグ「夢重力」の使用感

職場に水筒を持って行きたいくて水筒を購入。

保温機能は当然として、軽さも大事。

そこでタイガー魔法瓶の水筒「サハラマグ MMZ-A050」にしました。

名前が「夢重力」ですから、軽さが売りです。約190グラム。

続きを読む

電動歯ブラシは何を買えばいいか? 安く済ますケチくさい方法

歯医者で歯周病と言われた。

日本人の多くが歯周病なので驚くことではないが、やはり驚いた。

あまり虫歯にならず、虫歯で歯が痛いなんて経験、子供の時の一度だけだったせいで、歯医者と縁遠くなってしまったのが原因。

歯周病は治らないから、進行を食い止めるのが唯一の対策らしい。

たとえば、定期的に歯医者に行って歯石をとってもらうなど。

やっぱり電動歯ブラシがいい?

当然、普段の歯磨きも大事。

で、歯医者に「やっぱ電動歯ブラシがいいですか?」と聞いてみた。

続きを読む

エドワード・ヤン『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』と『台北ストーリー』を観て

2017年、エドワード・ヤンの生誕70年没後10年ということで、あの『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』がデジタル・リマスターで蘇った。それに合わせてか、初期作『台北ストーリー』が日本初公開された。

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』は以前、ショートバージョンを観た記憶がある。ショートバージョンといっても3時間はあったと思う。

続きを読む