読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

Macで外付けキーボードなら充電不要ソーラー「LOGICOOL k760」がおすすめ

スポンサーリンク

▼先日書いた記事

elledie.hatenablog.com

このようにノートパソコンを嵩上げすると、当然外付けのキーボードが必要になります。

で、購入したのが、「LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760」。

Untitled

購入から4ヶ月。すばらしいシロモノだったので、おすすめポイントをまとめておきます。

おすすめ1 ソーラー充電(光充電)なので充電を気にする必要がない。

Untitled

ソーラーと言っても、太陽光でなくてもいいのです。屋内の照明でも充電できます。
メーカーの説明によれば、フル充電で約3ヶ月持つそうです。

私は、窓際で作業しているので、窓からの太陽光と部屋の照明で充電されていると思いますが、購入から4ヶ月今まで充電が切れたことはありません。暗闇で作業する人はいないと思うので、普通に使っていれば、勝手に充電されています。

Macなら純正のキーボードにしなかった大きな理由が、この点です。純正は確か充電池式だったと思うのですが、それがイヤでした。

いつの頃からか、スマホやらノートPCやらiPodやら……充電を気にすることばかり。そのために外部バッテリーを持つも、その充電具合も気にしなくてはならない。そこにまたキーボードまで充電を気にしなくてはならないなんて!

おすすめ2 3つの端末まで接続可&ボタンひとつで切替可

Untitled

Bluetoothで、iPadiPhoneにも接続可能です。同時に3台まで接続可能で、F1、F2、F3で切替られます。iPadで文章を書くときなんて便利ですよね。

▼その他、メーカーがプッシュしている点。

Untitled

ただ難点が、USキーボードしかないということ

上記2点が、私の購入の動機でした。使ってみて、その期待は裏切られませんでした。

しかし、購入検討時、悩んだのがUSキーボードしかないということ。それでもこれにしたのは、上記2点に対する思いが強かったからです。とくに充電をきにしなくていい、ということです。

USキーボードについては最初こそ戸惑いましたが、設定を少し変更して、すっかり慣れました。そんなに時間がかかりませんでした。本体のMacbook AirがJISキーボードなので、自宅で作業の時はUSキーボード、外で作業の時はJISキーボード、というバイリンガル状態です。

▼これについては別の記事に書きました。

elledie.hatenablog.com

 

LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760」とMac純正ワイヤレスキーボードは定価はほとんど同じです。しかし、ご想像の通りMac純正はほとんど値引きされていることはありませんが、「LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760」は値引きされるので、こちらのほうが安いです。デザイン的なこととUSキーボードが気にならなければ、絶対こちらをおすすめします。

LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760

LOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760