読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

松屋でオリジナル丼を作る。生姜焼き定食に冷奴をちょい足しアレンジメニュー

スポンサーリンク

松屋好きが考案「豚バラ生姜焼丼」

松屋吉野家すき家が並んでいたらどこに入りますか? 私は松屋です。

そんな私が、松屋のメニューを掛け合わせて考案した特製丼を紹介します。

その名は「豚バラ生姜焼丼」。

名前で想像がつくでしょうが、まず「豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食」を注文。

matsuya-gingerlunch1

これをご飯に乗っける、だけじゃない。ご飯のっけて丼にして食べてる人は結構いると思います。

ちなみに、松屋好きなら牛丼食えよってツッコミはなしで。

さらにアレンジ。サイドメニューをちょい足し。

ただのっけるだけじゃない。ここで一工夫のちょい足し。

冷奴も注文しちょい足し。これらを掛けあわせます。手順は以下。

【手順】

  1. 冷奴をご飯にのせる
  2. 冷奴を軽く崩す
  3. その上に生姜焼きをのせる
  4. 数十秒待って完成(待つのは、冷奴は冷たいのでご飯の熱で温めるため)

matsuya-gingerlunch3

生姜の効いたタレはくせになるほど美味しのですが、ちょっと味が濃いくて刺激的な感がありますが、豆腐をあわせることで味がまろやかになり、さっぱりクリーミーな感じになります。

それに松屋の冷奴はそれ自体でも美味しい豆腐です。その豆腐の甘味も生姜焼きにぴったり合います。

冷奴をまるごと一つ入れると、豆腐が勝って、さっぱりし過ぎるかもしれません。私は半分くらいですが、いろいろ分量を試して自分のなりの黄金比を見つけてください。冷奴の上の薬味(ネギや鰹節)もそのままのせてしまってもOKです。

スポンサーリンク

 

さらにさらにちょい足しメニュー

贅沢したい時は、さらにキムチをのっけるのもあり。

生姜好きな私は、生姜焼きなのにさらに紅しょうがを入れるときがあります。

matsuya-gingerlunch2

スタミナ豚バラ生姜焼定食が終了!

実はこのちょい足し、そもそもは「スタミナ豚バラ生姜焼定食」でやっていました。しかし、ついこの間2016年4月で終了してしまったのでした。

好きだったのに、残念。

スタミナ豚バラ生姜焼定食のニューヴァージョン「豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食」でも試したところ、美味しかったので、紹介した次第です。