読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

パソコン作業で眼の奥が重い、眼精疲労対策4つ

スポンサーリンク

eye_pchack

目の奥が痛んだりしませんか?

それパソコン作業のし過ぎです。

パソコン作業は目に過酷
  • 肩がこり血流が悪くなる
  • 一点を見つめるから目の筋肉がかたまる
  • ブルーライト

などなど悪いことだらけです。
特に極度の近視のぼくにとっては大敵なことばかりです。パソコン作業は、軽自動車でパリ・ダカール・ラリーに参加するくらい、ぼくにとって過酷です。
わかってます。
わかっていながらもこうやってパソコンでブログ書いてます。
そのうち失明するんじゃないかと思います。

 

でもやらないわけにはいかないんですよ!

というわけで、パソコンを窓から放り投げる代わりにぼくが目を守るためにやっていることをメモっておきます。
医療従事者ではないので、真意のほどはわかりません。

1.遠くを見ろ!

よく言われることですね。
作業中、ちょこちょこ遠くを見るようにしてます。
なので、カフェで仕事するときは窓際です。
没頭するとディスプレイとにらめっこになってしまいがち。
姿勢も前のめりなりよくない。
意識的にパソコンから目線を外すくせをつけています。

考えるときは遠くを見ながら

ディスプレイとにらめっこしながら考えこまないようにしています。

2.ストレッチしろ!

目・首・肩の血流が悪くなるので、首肩を回します。

考えるときは首肩を回しながら

遠くを見ながら、首肩を回します。
肩甲骨をしっかり動かします。
肩甲骨周りには大きな筋肉があるので血流をよくするのに効果的らしいです。

3.温めろ!

何度言いますが、目が重く感じたら血流が悪くなってます。
温めて血流を良くします。
ぼくがやっているのは、お風呂時にシャワーを長めに目に当ててます。

ひどいときは道具を使います。 今まで試したもの

蒸しタオル

濡らしたタオルを電子レンジでチンして温めたものを目に乗せる。
とても気持ちいいです。
が、温度がすぐ下がります。
レンジでチンしたあと、ラップでくるんで冷めないようにして目に乗せていたのですが、面倒くさくなりました。

貼って温めるもの(使いきりタイプ)

アロマも含まれているものもあり、とても気持ちいいです。
身も心も癒される感じです。
しかし、使いきりです。
経済的につらいです。
血流はよくなりますが、金銭的に首が回らなくなっては元も子もないです(冗談です。そんな高いものではありません)。 そこで行き着いたのが……

目もと用枕(アイピロー

ぼくが使っているのはこれ。

あずきのチカラ 目もと用

あずきのチカラ 目もと用

 

レンジ温めて目に乗せます。温まります。
じゃあ、蒸しタオルと何が違うんだとお思いなるかと思います。

個人的感想

 

  • 保温力がいい
  • 蒸しタオルはちょうどいい温度にするのが難しい
  • 蒸しタオルだとそのまま眠れない

 

蒸しタオルの場合、何秒温めるか大変でした。温めすぎると美容室の蒸しタオル以上に激アツになり持てません。ちょうどいい温度だと、すぐ冷めてしまいます。
そういうことがないのでこれは助かっています。

これに味をしめたぼくは、首肩用枕にも手を出しました。
(こういうの何て言うんでしょうね。ネックピローとかショルダーピローとか?)
で、ドラッグストアーで悩んだあげく買ったのはこれ。

温太くん肩用ベルト エンジ

温太くん肩用ベルト エンジ

 

 

これは手軽でいいです。
同じくレンジでチンするだけです。
類似のものはありますが、それらは肩メインなので、首メインのコチラにしました。作業しながらつけることもありあます。この上からネックウォーマーをするなんて芸当もできます。すると、さらに保温力が高まりますから。

ちなみにブラックもあります。私はブラックにしました。

温太くん肩用ベルト ブラック

温太くん肩用ベルト ブラック

 

 

4.ブルーライトを遮断しろ!

近年ブルーライトよくないって言いますよね。ブルーライトカットのメガネが流行っていたり。
正直どう良くないか説明できないので、そこはJINSさんのサイトへお譲りしましょう。医学的見地からの説明が載っています。
参考にどうぞ。


JINS PC | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

まあとにかく、目に負担がかかる、そして生体リズムが崩れ睡眠の質が悪くなるそうです。
睡眠が浅くなれば、目に悪いのも同然。

じゃあ、ブルーライトカットのメガネをかけようにも、すでにメガネっ子なので、さらに上からメガネをかけるわけにはいかないのです。
新調してレンズをブルーライトカット仕様にするとお高くなりますし……

で、調べているうちにいいもの発見!

PCディスプレイのブルーライトを抑制してくれるフリーソフト「f.lux」

サイトはこちら。


f.lux: software to make your life better

ここから無料でダウンロードできます。Win/Mac対応です。 ディスプレイの色温度を調整して、ブルーライトを抑制してくれます。
優秀なのは、東京なら東京の日の出日の入りをもとに、時間帯ごとに適正な色合いになることです。
夜にブルーライトを浴びると睡眠促進するホルモンが出にくくなるので、夜になればなるほど、画面は赤っぽくなります。
最初は違和感を感じるかもしれませんが、すぐ慣れると思います。
私はないと困ります。
画像編集のときなどに一旦切るのですが、「マブシッ!」ってなります。

そうそう、画面が赤っぽくなるので、画像編集を主にやる方にはむいていないかもしれません。

こちらに使い方が出ています。
参考にさせて頂きました。感謝致します。

無料でパソコン画面のブルーライトをカットするため時間帯・位置で自動調節するソフト「f.lux」 - GIGAZINE

Win/Macのブルーライトをカットできるフリーソフト「F.lux」があればPCメガネは不要かも?

 以上です。
すでにメガネの人はPC用メガネをさらにするわけにいかず、ぼくと同じように困っている方も少なからずいるかと思います。少しでもお役に立てば幸いです。

追記で2つ追加

5.最終兵器キューピーコーワi

最終的にはこれ。温めても眼の奥が重いときは薬に頼ります。肩も軽くなるし、効果は抜群です。説明するまでもないか。

【第3類医薬品】キューピーコーワiプラス 180錠

【第3類医薬品】キューピーコーワiプラス 180錠

 

 

6.深呼吸しろ!

あと一つ思い出しました。意外と強く意識していることなので。

適度に深呼吸しろ!

作業に没頭、前かがみになっていると呼吸が浅くなります。集中しすぎて、浅くなるどころか、自然と息をとめてしまうタイプの人もいるかと思います。呼吸が浅くなると、血液中の酸素も減りますから、目によくないはず。
なので、ぼくは意識してお腹でする深呼吸をするようにしています。