読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

実験小説『さんすうの文章題』

スポンサーリンク

【もんだい】

つとむくんはお母さんにケーキのおつかいをたのまれました。つとむくんは1000円もって、670メートルはなれたケーキ屋さんにいきました。


いちごのショートケーキはホールで1つ2500円でした。
かしこいつとむくんは1500円足りないとすぐにわかりました。
「まけてください」とつとむくんは言いました。
ケーキ屋さんは「できない」とことわりました。
カチンときたつとむくんはウソをつきました。
「きょうはお母さんのたんじょうびなんです。がんでもうすぐ死んでしまうんです。さいごのたんじょうびにおいしいケーキを食べさせてあげたいんです」と言って、なみだを流しました。
ケーキ屋さんはまんまとだまされて、
「2000円でいいよ」となみだをうかべながら言いました。
つとむくんはシメシメと思いましたが、まだ1000円足りないとすぐにわかりました。
かしこいつとむくんはまたうまいことを思いつきました。
「ありがとうございます。お母さん、よろこびます。1つください」と言いました。
ケーキ屋さんはなみだを流しながら、ケーキをわたしました。
つとむくんもなみだを流しながら、2000円をわたしました。
つとむくんは「ありがとうございます」と言いながら、ケーキ屋を飛び出しました。
「いいことをした」とかんがいにひたるケーキ屋さんはなみだをふきました。
お金をよく見ると、1000円札の下にあったのはよくできたこども銀行の1000円でした。
つとむくんはほくほく顔で走っていました。1500円得したので、お母さんにほめられると、よろこんでいました。きっと2回はほめられると思いました。
おうちまで50メートルというところで、怒声がきこえました。
ケーキ屋さんがおっかけてきていました。
15年のパティシエ人生で1度もみせたことのない怒りをあらわにしていました。
手には15年つかっているよく切れるケーキナイフをもっていました。
つとむくんは50メートル6.8秒のじまんの俊足でおうちまで走りました。
ドアノブに手をかけたとき、ケーキ屋さんにつかまりました。
ケー キ屋さんは全盛期は50メートル5.7秒の元陸上選手で、けがでなくなく陸上をあきらめざるを得なくなり、引退を決意したその夜、いままでひかえていたス イーツをやけぐいしているときに、そのあまりのおいしさに「おれは日本で1番のパティシエになる」と第2の人生をあゆみ、いまでは20㎏もたいじゅうがふ えていたが、このときばかりはいかりのあまり、50メートル5.6秒のベストタイムのはやさで走れたので、つとむくんにおいつけました。
ケーキ屋さんはどなりちらしました。
さついを感じたつとむくんは、かしこいので、めくらましにさっき買ったケーキをドリフさながらにケーキ屋さんの顔に投げつけました。
ケーキ屋さんは顔についたクリームをぬぐいながら、ちょっとなめました。とても美味でした。
上品ですっきりとした甘さとやさしい舌触り。「理想のクリームだ。おれの人生はまちがってなかった」ととてもしあわせなきもちになりました。
そのすきにつとむくんはドアあけ、お母さんにたすけをもとめました。
そっと顔を出したお母さんは、とてもかしこいので、すぐに状況をさっし、「こんな子は知りません」と言ってドアをしめました。
つ とむくんは東京ドーム100こ分、いやマグニテュード8並み、いやいや100万光年分の・・・どんな尺度でも言いあらわせない絶望を感じました。そしてつ とむくんはケーキ屋さんからケーキナイフをうばいとり、しあわせなきもちでいっぱいのケーキ屋さんのはらをさしました。3回さしました。

つとむくんはさぎとしょうがいの罪でけいむしょにいきました。

8年後、つとむくんはけいむしょの大きなとびらから出てきました。つとむくんはしどうされたとおり、からだを45度におり、けいむかんにあたまをふかぶかとさげました。
まわりにはだれもいませんでした。つとむくん1人でした。晴天の100000ルクスのひざしに目をほそめました。
たよれる人はだれもいないので、とてもふあんなきもちでした。
つとむくんはけいむしょでなかよくなったゆたかくんとまさるくんのことを思い出しました。
「もうここにもどってくるんじゃないぞ」という2人のわかれのことばを思い出し、なみだがとまりませんでした。
つとむくんはどうしたらいいかとほうにくれました。まさるくんの「しゃばに出たらいってみるといい」ということばを思い出しました。まさるくんおすすめの「平日昼なら10000円でまんぞくいくさーびすをうけれるりょうしんてきなふうぞくてん」にいくことにしました。
つとむくんは顔をほころばせ、けいむしょの10メートルある高いかべにそってあるいていきました。

1年後、つとむくんはまたけいむしょにもどってきました。
ていしょくにつけず、ふうぞくがよいをかさね、お金にこまったつとむくんはゆたかくんにおしえてもらったぴっきんぐのぎじゅつであきすをくりかえしていました。そして8回目のとき、つかまりました。
つとむくんはほっとしました。まさるくんやゆたかくんにまたあえると思ったのでした。
つ とむくんは1年ぶりにまさるくんとゆたかくんにさいかいしました。まさるくんとゆたかくんは「もうここにもどってくるなって言ったじゃないか!」となみだ をながしながら、つとむくんをつよくだきしめました。まさるくんは31ニュートン、ゆたかくんは27ニュートンの力でだきしめました。2人で58ニュート ンなので、つとむくんはとても痛かったのでした。なみだをながしました。いつまでもなみだがとまりませんでした。なぜなら、そのなみだは痛さのせいだけで はなかったからでした。

さて、つとむくんは今なん才でしょうか?




こたえ  46才