LIFE DRIPPER

「くらしのしずく」-日々のくらしから抽出された発見やアイディア-をお届けします

江ノ電に乗って極楽寺駅で降りれば綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹と普通にすれ違いそうと思わせる|是枝監督『海街diary』評

是枝裕和監督の新作『海街diary』を観ました。おすすめなので、ブログに感想を書いておきます。

海街diary (小学館文庫)

海街diary (小学館文庫)

 

↑これはノベライズ本

CMで見るような彼女たちの姿はない

続きを読む

アニメ映画『百日紅』評|江戸の「気配」を表現するアニメーション

葛飾北斎(声/松重豊)の娘お栄(声/杏)を主人公としたアニメ映画『百日紅』を観ました。なかなか面白かったので、感想を書いておきます。

原作は杉浦日向子の同名マンガです。こちらは読んだことありませんが、映画を観て原作も読んでみたくなりました。原作も読んだら感想を投稿したいと思います。

さて、当然ながら、映画の楽しみ方はいろいろです。

鑑賞前の認識では、本作は「男社会でのお栄の活躍、男勝りな生き方」か「家族愛」を謳ったものだと思っていた。なぜって、宣伝がそういう感じだったから。

続きを読む

webサイト制作現場の教科書にしたいくらいの良書をご紹介

おすすめ本

Webデザイン・コミュニケーションの教科書

Webデザイン・コミュニケーションの教科書

 

kindle版はこちら。今すぐ読めます。

Webデザイン・コミュニケーションの教科書

Webデザイン・コミュニケーションの教科書

 

著者

株式会社ツクロア /秋葉 秀樹 / 秋葉 ちひろ

感想

とてもいい本です。 タイトルの「Webデザイン・コミュニケーション」には二つの意味が込められています。

続きを読む

『かぐや姫の物語』(ジブリ、監督高畑勲)のストーリーどうなの?(ネタバレあります)

かぐや姫の物語』を観た

ついに『かぐや姫の物語』がテレビで放映されたので、録画しておいたのを観た。

世間でも微妙な反応があるようだが、ぼくも同じく微妙。

水彩画のような画、自然の描写、鳥や虫など背景音などはほんと素晴らしかった。とくに淡い色合いは素敵。ぼくは好きだ。 人物の動作や表情のアニメーションの演出も好きだ。宮﨑駿とまた違った良さがある。着物が舞うシーンがたくさんあるが、とても素晴らしかった。

そう評価しつつ、やはり微妙なのはストーリー。観終わったあと、居心地の悪くなったのはぼくだけではないのではないだろうか?

続きを読む

おすすめ本『ゴダール的方法』| ゴダールに学ぶ世界のミキシング術(平倉圭著、インスクリプト)

おすすめする本

ゴダール的方法

ゴダール的方法

 

著者

1977年生。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。専門は芸術論、知覚論。美術家としても活動をおこなう。現在、横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程講師。
出典:amazonサイト著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

感想

もちろんすべてではないが、ゴダールついての批評や書籍をいくつか読んできた。その中で本書は独自の位置にあるのが面白い。

まず2つのわだかまりから解放してくれる。

  1. ヌーヴェル・ヴァーグの始祖とも言える批評家バザンの写真映像の存在論とゴダールの距離
  2. ゴダールのときに荒唐無稽な強弁の論理
続きを読む